車売る 社外パーツ

部品やパーツはプラス査定になるの?

部品やパーツはプラス査定

車を買取に出すのであれば、やはり少しでも高く売りたいですよね。
そこで気になるのは部品やパーツ類です。
自分の好みに合わせて選んで取り付けた部品やパーツ類はプラス査定になるのでしょうか。

 

基本的には残念ながら社外品の部品やパーツ類というのはプラス査定になるということはあまりないようです。

むしろ、新車販売店に下取りに出した場合などでは、マイナス査定になってしまうこともあります。
自動車を買取に出す場合、基本としては純正品の部品やパーツはプラス査定になると言われていますが、
社外品についてはプラス査定にはつながらないと言われています。
たとえどんなに高価で有名な部品やパーツだとしても、基本的には考慮されることは少ないようです。

 

しかし、中古車買取会社の場合で、改造車などを得意としている買取業者などの場合には、プラス査定につながることはあるそうです
社外品の部品やパーツが沢山装着されているような場合には、改造車などを得意としている買取業者を選んで
査定をしてもらうといいかもしれません。

純正品の部品やパーツを取り外して付け替える時には、基本として純正品はしっかりと保存しておくことをお勧めします。

 

>>車売るときの相場が知りたい人はコチラ