車売る 事故車

事故車だと大幅ダウンしてしまうの?

事故車だと大幅ダウン

自動車を売却するときに気になるのは、事故車はやはり査定が大幅にダウンしてしまうのではないか、
ということではないでしょうか。
しかし、事故車といっても、事故の程度によるそうです。
事故を起こした車=事故車ではなく、事故車の定義に当てはまるものでなければ、
たとえ事故を起こした車であっても事故車とはいいません。

こすっただけ、バンパーが傷ついただけで事故車と思っている場合であれば、それほど大きなマイナス査定になって
大幅ダウンすることはないそうです。

 

事故車というのは、車の骨格部分に損傷・欠陥がある場合になります。
骨格部分と言われてもイマイチ分かり難いですよね。
骨格部分というのは、フレーム・クロスメンバー・インサイドパネル・ピラー・ダッシュパネル・ルーフパネル・
フロア・トランクフロア・ラジエーターコアサポートなどを指します。

このような部分が損傷し修理をした場合には修理歴が残ります。
修理歴はいくら売却をする人が隠してもプロの査定士は分かりますので、このような修理歴がある場合には
大幅ダウンは残念ながら避けられないようです。
隠すことでかえってマイナス印象を与えてしまうこともありますので、申告したほうがいいようです。

 

>>車売るときの相場が知りたい人はコチラ